はじめてのニット・カフェ


ブログとメールだけの呼びかけで、まだお葉書のお届けが出来ていませんでした。
何方も見えないのでは・・・と不安を抱きながらスポーツデスクに来ました所、私より先に来て下さっていました。そしてもうひと方。
第1回ニット・カフェは3人でのスタートとなりました。

DSCF1602
とっても楽しい一時でした!!

ニット・カフェと言えども、カフェを嗜む余裕もなく一生懸命毛糸と取り組みました。
だけれども、針より動いているのは ”口” でした! 
楽しかった〜

本日の作品 ハンドウォーマーです。
DSCF1601

安比グランドホテル

本日の毛糸のお届けは安比グランドホテルでした。こちらもスキー場にあるホテルです。

ハート・ニットプロジェクトからのネットワークで、他の支援団体の方がお届け下さいました。

先週も訪問され、被災地から遠いせいでしょうか?、
公には物資が余ってると言われますが、現地では不自由な生活をしておられるとのことでした。
早速、県の暮らしの安全課にその旨伝えたところ、その甲斐があり必要物資が新たに届いてたとのことでした。
再度の訪問とのことで、今回はハート・ニットの毛糸を持って行って下さいました。皆さんにお配りした所、とっても喜ばれ持参した分は全て受け取って頂けたそうです。
その明るい様子が嬉しくて、写真を取り忘れた〜!とのことでした。


その代わりではないですが、
以前、大槌にまた別な炊き出しチームがハート・ニットの毛糸をお届け下さった時の写真をアップさせて頂きます。

僕もわたしもみんなで編んでます!

IMG_0001IMG_0002IMG_0003IMG





着々と

タスキが編み上がりました!
P1090578
雫石町・鶯宿温泉「長栄館」

いわて銀河100kmチャレンジマラソンの駅伝タスキを編んでくださいとお願いしたのが、5月5日でした。
そして今日、お願いした分が全て編み上がっていました〜 カラフルですね。
みなさんで編んでくださったそうです。本当にありがとうございます。参加選手の皆さんも力が湧くことと思います。

この企画を知った参加選手の方から、コメントも届いています。
コメント
吉本新喜劇の芸人さん達も走るそうです。
避難所の皆さんと一緒に応援に行きます。

P1090592今日は編み物の先生もご一緒して下さって、ご指導して頂きました。
素敵な物が編み上がりそうです。










P1090599早いですね〜
サマーヤーンの細い糸ですが、綺麗な模様編みができています。











一生懸命に編んでいると、1日があっという間です。
時どき体も動かせて無理なさらないで下さいネ。

森の風 プリンスホテル 大船渡 でもたくさん編めていることでしょう。ボランティアも編んでいます。
「繋がってるな〜」ってジーンと来ます。





ニット・カフェ@MORIOKA

支援活動での編み物でしたが、素敵な毛糸たちに囲まれて仕分けをする内に、
「私も編んでみたいわ〜」「でも最近やっていないし」と言うお声を聞きました。
そして、盛岡でもネット・カフェをやってみましょうかということになりました。
毛糸マーク3
編み方をマスターして頂けたら、「ハート・ニット」プロジェクトで展開する作品作りにもご参加下さい。

コーヒーを飲みながら、ご一緒に編みものしましょう〜という場所です。

ニットカフェ開催日時 毎週火曜日 午前10時〜12時 
           講師  村上祐子氏

カフェといってもコーヒーマシンのみです。1杯100円のセルフサービスでお願い致します。

盛岡市大通3-11-1 スポーツデスク内 ハート・ニットプロジェクト 担当松ノ木 019-625-1993

高田保育園

ご丁寧なお礼状を頂戴しました。
高田ハガキ


ライフラインがまだ・・・
同じ県内盛岡に居ても、各地に環境のことは良く把握出来ていません。
沿岸でお訪ねする避難所は、だんだんとライフラインが整ってきていますが、
2ヶ月経っても、あの3月11日に盛岡の私たちが経験した不自由な生活が続いているとは気が遠くなります。
デルタ航空からの支援物資の内、シャンプーや石けんなどサニタリー類を高田保育園の先生方にお届けさせて頂きました。陸前高田に行く機会がなかなか無くて、NPO北上フォルダにお願いしてお届けして頂きました。フォルダさんありがとうございました。

高田保育園は園舎が流され、米崎保育園の旧園舎を借用して運営されていると、神奈川からボランティアで来られた牧師先生たちから聞きました。
子ども達には支援物資もだんだんと届いているそうですが、先生方はどろんこ(失礼な表現ですが、先生方も被災されておられるでしょうし)で着の身着のまま子ども達のお世話をされていたそうです。

まだまだライフラインの整わない所に却って失礼かも知れないと危惧しましたが、シャンプーやコンディショナー、ボディソープなど、とっても良い香りの珍しい物ばかりでしたので、是非お若い先生たちに使って頂きたいとお届けしたのですが、それらを使える日がやっと来るそうです。長かったですね。

そんな非日常な生活をしておられる中、本当にご丁寧なお葉書を頂戴し恐縮します。
どんな環境にあっても、今までと変わらずこどもたちのお世話をし、気配りされている事に、東北人の強さを感じます。



本日、繋温泉(盛岡市)避難所にも毛糸のキットをお届けしてきました。
みなさん本当にお喜び下さいます。


最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ