いわて銀河100キロマラソン

朝から眩しい日差しの中での厳しいコンディションのレースとなりました。

DSCF1902避難所の鶯宿温泉「森の風」「長栄館」の方達をお誘いして応援に向かいました。






DSCF1863最終リレーポイントに陣取って、最終ランナーを激励。








立てつづけに3組のランナーがやってきます。
DSCF1868「ニューバランス エクセレンスチーム」
黄色のたすき。
「誰が編んだの?〜」
大きな声援が届きます。




DSCF1872 「早稲田大学スキー部」
2位チームはグリンでした。
スムーズなたすきリレー素晴らしかった。





DSCF1876「花巻ステラミーゴ」
ピンクのたすきを受け取った最終ランナーは、避難所の応援団に向かって
たすきを差しだして「ありがとう!」って声をかけて走っていきました。
清々しい光景でした。




DSCF1873僕たちもみなさんと同じ気持ちで走るよと、ハートニットのシンボル、毛糸のハートバッヂを付けて走ってくれました。







今大会は、個人100キロレース 個人50キロレース 100キロ駅伝 個人10キロレースのクラスがあり、10キロレースのスタートは最終リレー地点と同じ場所でしたので、こちらのスタートも応援。

DSCF188210キロレースのスタート地点。
吉本興業のランナーが大勢エントリーしていて、選手達が吹き出しそうな軽妙なトークで皆さんをリラックスさせていました。
吉本グループに混じって後ろにいる二人、分かりますか?




112お分かりになりますか?
ラグフェアーのおっくん
天才ジャズピアニストの松永貴志くんです。
( 貴志くんのファンです。CDも持っています。ここでお目にかかれるなんてびっくり)






10キロランナーのスタートを見送ったところで、ゴール地点へ移動。
DSCF1887
途中でおっくんの後ろ姿を発見。上り坂に苦戦していましたが、
「ファイトッ!」に笑顔で応えてくれました。






ゴール会場となっている雫石町総合運動公園は既に賑わっていました。
食べ物ブースや協賛メーカー、小売店のブース、整骨マッサージブースまで至れり尽くせりです。
お祭りです。

ハートニットも急いで販売の準備をし、チラシを配って宣伝です。

今日も沢山の笑顔を頂きました。
DSCF1889DSCF1894DSCF1898

DSCF1899DSCF1905DSCF1906

DSCF1908DSCF1909DSCF1910

DSCF1911DSCF1912DSCF1913

DSCF1914DSCF1927DSCF1929

DSCF1930DSCF1931DSCF1932

DSCF1933DSCF1934DSCF1937
今日もお写真取れなかった皆さんごめんなさい。

ブースでニットの販売をしている間も、選手が次々にゴールしてきます。
今回の手編みのタスキの提案を大会事務局に繋いでくれた、そして、支援活動を当初から一緒に動いてくれていた竹鼻建くんの応援に、ブースを抜けて駆けつけました。彼は個人100キロに挑戦です。

見事な走りでゴールイン 格好良かった〜
DSCF1919DSCF1921
1人で100キロ走って来るなんてどんな精神力を持っているのか、想像もつきません。


1500名の参加選手を迎えての素晴らしい大会でした。
体が壊れてしまうのではと思うような鉄人レースですが、走った人のやり遂げた感が伝わってきました。
震災によって、多くのスポーツ大会が中止になっていますが、この時期にこの状況でも開催して下さったこと、大会事務局に感謝します。
遠方から参加された方々も仰っていました。
「開催さえしてくれればみんな来るんだから」と。
私達スキー関係者が迎える来シーズン、スキーヤーの皆さんをお迎えする心意気を整えていかなければと痛感しています。

今回はハートニットの最初の大きなイベントでした。
ここまで、多くの方々のご協力とご支援を賜りましたことに感謝申し上げます。

復興バザーなど作品の販売につきましては、事務局に問い合わせも頂いています。
避難所・仮設住宅の方々に合わせて、ボランティアのアミマー(編み手)の皆様の一層のお力お借りしたいと思います。アイロンをかけたり、ラベルを付けたり、袋詰め、値札付けなどの作業もあります。編み物が不得意な方もスポーツデスクにお立ち寄り頂ければ嬉しいです。
そして、毛糸をご支援下さっています全国の皆さま、引き続き宜しくお願いいたします。

最後に、昨日・今日とハートニットの作品をお買いあげ下さいましたサポーターの皆様、本当にありがとうございました。


タスキの贈呈式+初売り

真夏のような暑い1日でした。
気温と同じように、わたしたちのハートもヒートアップした1日でした。

明日開催されるいわて銀河100キロチャレンジマラソンの開会式に参加するため、北上まで行ってきました。

かねてより報告してきました、被災者の皆様が編んでくださったタスキの贈呈式がこの式典で執り行われました。
DSCF1842DSCF1847
帰ってきた「金バッヂ」の鎌野様から大会委員長へタスキが手渡されました。
大会委員長と鎌野様、小学校の同級生だったとのこと。
毛糸が繋いだ不思議な出来事でした!


また、この会場で始めて被災者の方々とボランティアが編んだ作品を販売しました。
会場の皆様からどのような反応があるのか、ちょっと不安もありましたが、
なんのなんの、みなさま笑顔でお買い求めくださいました。
DSCF1827DSCF1828DSCF1829

DSCF1849DSCF1850DSCF1851

DSCF1852DSCF1853DSCF1854

DSCF1855DSCF1856DSCF1857

もっともっと、沢山の方々がご購入下さいましたが
販売が忙しくて全て写真に納めることが出来ませんでした。

本当に沢山の笑顔をありがとうございました!


明日の朝4時に北上総合運動公園スタートです。
吉本興業駅伝チームの1番走者は「たむけん」だそうです。いつものあのスタイルで走るそうですよ。北上近辺の方、ぜひぜひ応援宜しくお願いします。

雫石総合運動公園のゴール会場で、引き続き編み物の作品を販売致しますので、宜しくお願いします。

今朝の新聞2誌です。
岩手日報
ハートニット「たすき」6.11岩手日報記事


盛岡タイムス
IMG_01
IMG_02
両紙共、大きく写真入りで載せて下さいました。


そう言えば、、、
今日は「ちゃぐちゃぐ馬っこ」の日でした。
北上への出発前に事務所の前で、シャカッ アップでどうぞ。
DSCF1820


感動の長〜い1日でした。。。









かわいい作品たちです

避難所の方、ボランティア一緒になって沢山編みました。
これらは作品のほんの一部です。

12日の100キロマラソンゴール会場で販売致します。

今後、各地での販売を計画しています。
お近くに行きました時には宜しくお願いします。

_1

_2

_6

_8

_4

_5

_7

_3
カタログ製作rada(ハートニット)

明日は岩手日報で紹介されます


いつもと変わらないショットですが・・・
DSCF1812
ちょっと毛色の違う人物が約一名

販売品作りに一生懸命なボランティアに紛れて、スーツ姿の新聞記者が約一名。
明後日開催される100キロマラソン駅伝の部で使う、避難所の方達が編んでくださった毛糸編みのタスキの取材に来られました。
締切の時間が迫っていたようで、インタビューと同時に記事を書き書き。
ボランティアさんのお話しを聞きながら送信〜!
明日の新聞に掲載されるそうですので、岩手日報ご覧下さい。


いよいよ販売です。

6月12日、100キロ駅伝のゴールで(雫石町運動公園)、ハートニットの作品を販売します。お昼前から夕方までです。
駅伝・マラソンの応援と共に、ご購入も宜しくお願いします。

DSCF1798DSCF1799DSCF1695
今週はその準備でボランティア総出で頑張っております。

ラベルを縫いつけたり
DSCF1805


栞を入れて、ラッピングして、値札を付けて
商品らしくなりました
DSCF1809DSCF1808DSCF1807

DSCF1806

会場に準備する小物も出来ました。
DSCF1811

そして、ポスターです
ポスターハート
ポスターチラシの製作もハートニットメンバーのradaさんです。


東京では、今日からスキーニューモデル発表予約会が開催されています。(ベルサール汐留)
当初こちらでハートニットの作品の販売を予定していましたが、準備が整わず叶いませんでした。
会場には、商品のカタログとちらしを用意させて頂きましたので、スキーを見た後にはインターアルペンのブースにお寄り下さい。

IMG_0400IMG_0402
こちらを目指して下さい。


最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ