ハートニットとは・・・

名称未設定-1

 東日本震災後雫石スキー場も閉鎖になり、スタンバイになっているスキー教師達で支援物資のお届けを始めました。その後、スキースクールも長野・新潟・山形に場所を移して再開したところで、残った女性スタッフとスキー仲間、そしてその枠を越えるボランティアさんで、私達ができる支援活動を続けています。 


 連日の物資支援から日が経ち、それらの物資をお届けするなかで被災された方達が必要とされる物が日々変わってくるのに気がつきました。食が届き、衣が届き、暖が確保されてくる内に、次には心の癒しが大切だと感じ始めました.

 一口に心の癒しと言っても被災された方達の置かれている立場により千差万別あるなか、私たちは女性に支援のターゲットを絞ることにしました。終日、避難所の体育館で、「する事」「しなければならばならない事」それがないのはどれほど苦痛なことか。と、いう思いから編み物をするための毛糸をお届けしようと思い立ち、メール・ブログを通じて呼びかけた所、友人・知人域を超え全国から海外から、思いの外大きな反響があり愕きました。この企画に賛同して下さり、お届くださる毛糸と共に添えられた手紙には、「この支援活動に関わることによって、心痛めていた私が慰められました。感謝します。」と。この活動によって、被災者、非被災者共に救われるのだと感じました。


 活動の手順は、全国からお届け頂いた毛糸・編み棒を、お一人お一人の方が編み易いように1作品毎に毛糸、編み棒、編み図のセットを編み物キットとして仕分けお届けしてきました。


 そして今、第2段階(癒しから経済活動へ)に進んでいます。被災者の皆さんが編み上げた作品を販売し、そして、編んだ方にその売上全額を還元するというものです。支援活動から被災者自立の第一歩としてキャッチ フォ ワークのお手伝いと考えています。販売につきましては冬季スキー場やホテル、スポーツショップへの展開を予定していますが、既に各種イベント会場でも販売会を開催し、作品には好評を頂いております。


 毛糸をお届けくださった方々と同様に、全国のみなさまも今回の震災では心痛めてられることと思います。そういった方たちも作品の購入によってご支援頂ければと思います。加えて、それらの作品を手に取ることで「岩手へスキーに、旅行に行かなければ!」と岩手に思いを馳せて頂きたい。その大事なツールとしてこの編み物が位置づけられれば嬉しいです。


 それぞれの立場で、できる支援をと言う気持ちで

「ニットでハートを繋ごう」

ハートニット プロジェクトと名付けました。


避難所から仮設住宅に移られた今も、みなさん楽しんで編んでおられます。

ご支援下さって毛糸をお届け下さった方
ボランティアとして足を運んでくださっている方
作品をお買いあげ下さったかた
皆様、本当にありがとうございます。


※ボランティアさん募集します。お仕事は沢山あります。
 お届け頂いた毛糸を太さ別に仕分ける
 編み棒の番号別の仕分け
 編み図の作成コピー
 作品別のキット作り
 仮設住宅のアミマーさんにお届けするための梱包
 編み上がった作品のアイロン掛け
 ブランドマークの取り付け 
 タグ付け
 販売用袋詰め
 値段付け
 毛糸をお届け下さった方々へのお礼状
 アミマーさんへの発送時のお手紙
 各種イベント会場へのお礼状
 お届け頂く宅急便の送り状の整理とエクセルでの打ち込み
 編み上がった作品の管理とニットフィーの送金
 携帯ストラップのなどの取り付け
 カセでお届け下さった毛糸の巻き取り
 細い変わり糸を何本か組み合わせて、1本の毛糸を作る
 編み上がってきた作品の補修(糸始末など)
 ボランティアさんとして、作品作りのお手伝いを頂く
 段ボールの整理
 他、

皆様のお力添え頂けたら嬉しいです。
ボランティア仲間として楽しく交流させて頂いています。

 

遠くからも 応援が。

ハート
ハートニットプロジェクトは
ボランティアさんの口コミから、
ブログをご覧のみなさんから、
マスコミを通じて報道して頂いたことから、
多くの皆様に支えられて育てられています。

先日ボランティアさんが、支援金を預かって届けて下さいました。

その経緯は
1105-mark


ハートニットのブランドマークをデザインして下さったオガサワラユウダイさん


から
紹介されて加わって下さったボランティアさん

また
そのお友達がボランテイィアに加わって下さって
Bric-à-Brac

また
お知り合いにお話しして下さいました
一歩づつ、ゆっくりと・・・

そして、一歩づつ、ゆっくりと・・・さんガレージセールでの売上金全額をBric-à-Bracさんを通じてご寄付下さいました。

ありがとうございました。
アミマーの皆様が避難所から仮設住宅に移られて、毛糸の受け渡しも宅急便を使うことが多くなりました。感謝してこれらの費用に使わせて頂きます。


また他のグループでは、
知人ブロガーさんがハートニットの活動をブログで伝えてくださり、
その読者さんが、お住まいのユタ州でべーカリーのお客様にご紹介下さり、
今は、そちらのニットカフェでアミマーさん達が、ハートニットに届けて下さる毛糸のキット作りをして下さっています。

ニット好きの心はひとつです。



この様にして被災地にお届けした毛糸が、どんどん作品となっています。

先日ご案内しました9月17日18日の販売会に続いて、
9月19日松本市です。
お知り合いの信州の皆様にお伝え下さい。
カフェマトカさんです。

こちらは、先週まで盛岡でハートニットの販売会を開いて下さっていた「ひめくり」さんからのブログ繋がりです。

アミマーさんの熱心な取り組みで、編み上がった作品たち。
秋からは、販売会を精力的に行いたいと思いますので、宜しくお願いします。

颯爽と。


DSCF6170
女性のお年を好評するのは失礼だと思いますが、、、、
あまりに格好いいのでお教えします。
ハートニットプロジェクトの最高齢ボランティアの小川先生です。
編み上がった作品に可愛いラベルを縫いつけるお仕事を一気にお引き受け下さっています。
この日はラベルが足りなくなって、事務所に取りに来て下さいました。

いつもありがとうございます

関東方面の皆様お出でください。

千代田
同じ会場で出展しておられるアーティストの卵たちに、ハートニットがどのように受け入れられるのでしょうか?
新しいお仲間ができるような気がして楽しみです。

そして、関東在住のボランティアのみなさん、ご都合がつきましたら、販売・設営にお力貸してください。

作品の方は、毎日、毎日編み上がっております。
今までにないサマーヤーンの小物など沢山準備しております。

陸前高田と大船渡での演奏会

三宅美子さんによるハープが奏でるメロディーに癒されたことでしょう。


110809_124521

IMG_2565
全身で聞いていますね。この坊や!


午前中、陸前高田の旧広田水産高校にある仮設住宅集会場に、ゲリラ訪問しました。
ここには、ハートニットのアミマーさんがいらして、お隣ご近所にお声かけ下さって、このプライベートコンサートの開催が叶いました。良い風景ですね~



午後は、昨日告知の大船渡盛町のサンリアです。
小さなショッピングセンターですが、大船渡アミマーさんのお声かけで、多くのかたに聞いて頂きました。
IMGP0013 (Small)
初めてハープという楽器を見て、それから奏でられる音を聞いた高校生が、
「感動した!」と言ってくれたそうです。
きっとみなさんのお心に、その優しさが伝わったことと思います。

三宅さんは、震災後直ぐに、ハープの音色で被災地の方々をお慰めしたいと言って下さっていました。
当初4月7日にその予定を立てていましたが、あおの大きな余震により、東京からの足が閉ざされてしまいました。
それでも、いつかは!と、その気持ちを暖めて下さっていまして、やっとそれが実現しました。

ありがとうございました。



この演奏会には、4人のボランティアさんのご協力を頂き、ハープの載せる大きな車と乗用車2台で出かけました。
IMGP0015 (Small)
かすみちゃん、熊谷さん 阿部さん 三宅先生 高原さん、沓掛さん、

朝早くからありがとうございました。








最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

drecom_sportsdesk_...

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ