いよいよ販売です。

6月12日、100キロ駅伝のゴールで(雫石町運動公園)、ハートニットの作品を販売します。お昼前から夕方までです。
駅伝・マラソンの応援と共に、ご購入も宜しくお願いします。

DSCF1798DSCF1799DSCF1695
今週はその準備でボランティア総出で頑張っております。

ラベルを縫いつけたり
DSCF1805


栞を入れて、ラッピングして、値札を付けて
商品らしくなりました
DSCF1809DSCF1808DSCF1807

DSCF1806

会場に準備する小物も出来ました。
DSCF1811

そして、ポスターです
ポスターハート
ポスターチラシの製作もハートニットメンバーのradaさんです。


東京では、今日からスキーニューモデル発表予約会が開催されています。(ベルサール汐留)
当初こちらでハートニットの作品の販売を予定していましたが、準備が整わず叶いませんでした。
会場には、商品のカタログとちらしを用意させて頂きましたので、スキーを見た後にはインターアルペンのブースにお寄り下さい。

IMG_0400IMG_0402
こちらを目指して下さい。


”たらりら”

NHK「いわてみんなのうた」盛岡のお散歩ソングです。

20101005_03-300x21120101005_01-298x300

we love もりおか 〜とっても可愛い歌です。
こちらでご覧頂けます。

このキャラクター 見覚えありませんか?
1105-markと、お友達です。






これらの作者はオガサワラユウダイさんです。
ハート・ニットのブランドマークは「たらりら」のお友達になりました。
オガサワラユウダイさんも、この活動にご支援して下さっているボランティアメンバーです。

ありがとうございます。

ブランドマーク!

復興支援団としての「ハートニット」のブランドマークです。
1105-mark
ハートを抱えている女の子 可愛いでしょ。
足元に転がっているのは毛糸玉です。
(あまり説明すると野暮ですね。)

このブランドマークのラベルが、本日出来上がってきました。

編み上がった作品にこの様にマークが付きます。
DSCF1717DSCF1718

いかがでしょう?商品らしくなってきましたか












青空ニット・カフェ

気持ちよさそう〜
IMG_6807

生中継です!
只今、@東京のボランテイアさん達がニット・カフェ中だそうです。
場所は? 丸ビルテラスでしょうか?

スィーツはチョコとタルトですか?
IMG_5249IMG_6807
ふむっ???? 毛糸〜〜〜〜〜〜〜


作品達。
写真IMG_0362



お外も良いですね。
盛岡も来週は北上川のほとりでしましょうか。



横浜からのプレゼントを。

森の風避難所に、昨日のバッグのプレゼントに参りました。
DSCF1710

縫って下さった井上様母子は昨日から、盛岡にお泊まりでしたので朝早くに鶯宿温泉にご一緒に向かいました。
森の風では、タスキを編んでくださった ”編み物チーム”の ご婦人達がロビーでお迎え下さいました。お出かけの方や、病院通いの方もお出ででしたが、
バッグをお作り下さった井上様と、避難所の皆様が直接交流が出来て、本当に良かったです。

避難所で手作りされた刺繍糸の鞠をお礼にプレゼントされて、ほっこりとした時間でした。
手芸がご趣味の井上様にはいろいろと質問も飛び、避難所の皆様が手仕事に精を出してられる様子が伺えました。
洋裁がお上手な方は、手で返し縫いをしてブラウスを完成されたそうです。残念ですが今日はお召しになっていませんでしたが。
始めの頃、冬物衣料は沢山支給されましたが、夏物が不足していると聞いていましたので、工夫して乗り越えておられるのだと感心しました。


DSCF1713支給された衣料品のサイズ直しがしたいと兼ねてから仰っていました。
そこで、かなりの年代物のミシンをお届けしました。快適に動くかどうか心配でしたが、機械の修理が得意な方もおられると聞き、安心して置いて参りました。

洋裁の得意な方が、きっと皆さんズボンの裾上げなどなさってることと思います。







DSCF1709前回訪問させて頂いた際にお願いしていました販売用ペットボトルホルダーも沢山編み上がっていました。
丁重にお預かりしましたので、責任を持って販売させて頂きます。







まるで友人をお家に招いたように、明るくおもてなしを頂きました。



編み物したり、刺繍をしたり、洋裁をしたり、お好きな事で時間を過ごされるのは一時癒されるかも知れませんが・・・
心の奥深くは、これからの事で不安がいっぱいだと感じました。
仮設の生活がどのようなものなのか? その回りの住環境は? 生活物資はどうすれば良いのか?
ひとつづつ考えると前に進めなくなりそうですが、
それでもやるしかないと、お互い力付け合っておられました。

ほんの小さな力にでもいいからなりたい思っていましたが、恐れ多くて口に出せる言葉ではないとつくづく感じ入りました。
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

drecom_sportsdesk_...

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ