アミマーさんたち

先の100キロチャレンジマラソンで、お知り合いになりました。
編み物大好きなランナーさんです。手作りの伊達政宗人形を腕に巻き、胸にはひまわり、ファッショナブルなコスチュームで見事完走!

CIMG0020開会式でのタスキの贈呈に駆けつけて下さった山田のみなさまと一緒に。







CIMG0095そして、翌日のゴールです。
50キロ走りきった後のこの笑顔!
素晴らしい。

この三人娘は、
ランナーズのライター 山形美郷さん(左)
ハートニット代表 村里洋子さん(中央)
ひまわり娘の おがたさん(右)




おがたさんは、これからアミマーさんとしてハートニットプロジェクトに加わってくださるそうです。
宜しくお願いします。

盛岡の公民館では、編み物教室に通われている方達がボランティアアミマーさんとして、ご協力くださることになりました。
まず最初は、ペットボトルホルダーからです。


そして、大船渡の避難所(カメリアホール)にお出での方が少しずつ輪を拡げて仲間作りをされています。こちらではシュシュが編まれています。本日も、ゴムやかぎ針かわいい毛糸たちをお届けしました。少しなれてきたら、ちょっと難しいものにも取り組んでみたいけど、いまはシュシュで手慣らしだそうです。


また、つなぎ温泉の避難所・愛真館から釜石市の仮設住宅に移られた方から、お手紙を頂戴しました。
当初、内陸への避難に迷われたそうですが、繋温泉避難所で編み物を通して皆さんと交流ができたこと喜んでおられました。
釜石に戻られてからの仮設での生活は・・・
従来のようなお家の回りでの野菜作りやお花のお世話もなくなり、仮設生活にいくらか慣れてこられると、
やることがないそうです。
ただぼんやりと過ごすことから抜け出すために、仮設住宅にお届けした毛糸で、すこし手先を動かせてみようかしら?と、お手紙に書かれていました。

これからも応援させて頂きます。
これも、支援して下さってる皆様からのたくさんの毛糸があってこそできる活動です。
本当にありがとうございます。


大量生産!

先にアップしましたストラップの生産に入りました。

DSCF1968毛糸を巻き巻きして。







DSCF1971クルッとまるめて、グルーガンでピッ!







DSCF1969こんな毛糸玉が。







DSCF1970マッチじゃないです、
編み棒のつもりです。






DSCF1973篭も沢山編みました。







この様になります~
DSCF1004

ラベルつけ

続々と避難所のアミマーさんから作品が編み上がってきます。
ボランティアのアミマーさんからも。
ありがとうございます。

そこで、ハートニットのブランドマークの縫い付けが間に合わず、焦っていましたところ

洋裁のお仕事をされている小川さん(スキーの名手です。お年はナイショですが凄いスピードで滑られます。)が、工房のお針子さん達とワッペン付けのボランティアをかって出て下さいました。
感謝で〜す!

DSCF1974先ほど、作品をデスクまで取りに来て下さいました。

今日はスイミングや英会話でお忙しかったそうで、
すっかり夜になりました。

ありがとうございます。宜しくお願いします。




その前に!
糸始末・アイロンかけと製品になるまでには沢山のお仕事があります。
編み物の先生方が、午前中にそれらをして下さいました。

ひとつの作品が出来上がるまでに、こんなに多くのかたの手を通るんですね。

編み始める前には、毛糸を巻き巻きしたり、配色を決めたり、針を選んだり。
単純でないところが編み物の魅力かもしれません。
編みながらでも、途中で糸を変えてデザインを考えて、とってもクリエイティブな頭と手先の刺激になる楽しい作業です。

ワッペン付けが終わって戻ってきたところで、
今度は、栞を付けて、袋に入れて、値段を貼り付ける。
こんな作業が待っています。

みなさんこれからもお手伝い宜しくお願いします。

お届けに。

午前中、雫石方面の避難所にお届け物やら、ご相談に廻ってきました。

プリンスホテル避難所の新しいアミマーさんから連絡を頂きました。
編み上がった作品をお預かりし、帰りがけには宿題(?)の毛糸を沢山お預けして来ました。
ペットボトルホルダーや帽子、テーブルセンターなど沢山編んでくださっていました。
プリンスホテルでは、ご一緒に編まれるという雰囲気がないと聞き、いつかニットカフェを開催することでもうすこし交わりを持てるのではと、支配人にも了解を得、話が進みました。


次は森の風。
先週の100キロマラソンの応援に来て下さった方々にお写真をお渡しし、
前回、横浜の井上さまからプレゼントして頂いた手作りバッグの追加をお届けしてきました。
これで森の風女性陣全員にバッグが渡りました。皆さんお出かけの時には素敵なバッグを提げておいでですよ。
加えて、今日は男性陣への信玄袋、女性陣のエプロンや、皆さんでお使って頂くミシンなどをお届けしてきました。

井上様へ、
皆様から「本当にありがとうございます!」と言付かって参りました。
DSCF1956DSCF1958
鞠の刺繍糸を喜んでられました。エプロンかけてバッグを持って撮らせて頂きました。


愛真館には、刺し子のセットをお届けし、
厚かましくも、布と糸の組み合わせを作るお仕事もお願いしてきました。
その後、それらをまた数カ所に分けてお配りする予定です。

長栄館でもご用聞きを。


少しづつですが、作品を編んで下さった売上をお届けしています。

避難所生活に少し潤いを、とお届けした毛糸。
そして、それらを販売させて頂き、その売上金が皆さんのお手元にとの思いでしたが、


私達の想像を遙かに超える使い方をしてくだったことを聞きました。
強豪・山田高校漕艇部の部員達はボートを流され、インターハイを控えて合宿もままならない状況だとのことです。避難所の皆様の編み物の売上金は漕艇部にご寄附されるとのことでした。
胸が熱くなります。。。。。




け・い・と

まあるい毛糸に癒されて〜


こんな感じで編んでいます
DSCF1004DSCF1005


でも、本当の大きさはコレ!(巨大な毛糸じゃないですョ)
DSCF1003DSCF1001


ストラップになりました。
DSCF1954DSCF1949

ハートニットのシンボルバッヂもストラップに〜
DSCF1948


これらも販売しますので、沢山でき上がったらお買い求め下さいネ!

ネットワークがまた広がりました。
ドールハウスの先生が、これらのミニチュア製作のサンプル作りとアドバイスをくださっています。
そして、リボンに HEART KNITの文字をたくさん書いて毛糸のラベルを作ってくださいました。ミクロの世界です〜。
ありがとうございます。
20110617_2-1

ミニチュアの毛糸と篭、同じイメージで作ってもどうしてこんなに違うんでしょう?(一目瞭然です)
O先生のミニチュアの表現、
色の魔術師としてお手伝いくださっいてます玲子さんの毛糸の色合わせ、
アーティストの無限大の世界を目の当たりに見せて頂いています。
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

drecom_sportsdesk_...

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ