ハートニットプロジェクト

「ニットでハートをつなごう!」 被災地の女性に毛糸をお届けし、編み物をする事で心を癒して頂き、それらの作品を販売する事によって生活再建の一助になればと願って活動しています。

2014年09月

販売会レポート

先週は3カ所で販売会を開催しました。
DSC_0128

CSC_0158
DSC_0149
DSC_0154
DSC_0116
DSC_0118
DSC_0122
DSC_0125

<盛岡ユネスコ協会バザー>
昨年も買ってくださった方が『去年のお帽子はないの?孫が気に入って…』などハートニットの作品がお気に入りのようで、また別の作品を『これもかわいい、あれもかわいい』と買っていかれました 。『また盛岡での販売会の時に行きますね』と嬉しい言葉を残して下さる方もいらっしゃいました。

<スポーツ推進委員研究協議会会場>
アイスアリーナで開催された全国規模の大会でした。
兵庫県の方などは、大震災を経験され復興に対する感心が高く『お金の流れがわかり易い』とおっしゃって購入して下さる方が多く、震災を経験されてない方々も、せっかくだからと大量購入して下さり、『娘が大きくなったら使わせて頂きます。』とブレスレットをお買い求め下さった男性の方もお出ででした。
皆様方から被災地のために支援しようという心が伝わり、胸が熱くなりました。また『頑張って下さい』など暖かいお言葉をかけて頂き、販売する方も感謝の気持ちで胸が熱くなります。
全国で様々な天災が起きている中で、沿岸被災地への関心が風化しつつあるのではと懸念していましたが、その気持ちも吹き飛ぶ会場でした。皆様有り難うございました。

<クロステラス盛岡>
チャリティコンサート会場での販売でした。素敵な音楽を背にボランティアも癒されました。


各会場で、足を止め作品に、活動に、心を寄せて下さいました皆様方、
有り難うございました。

9月最後のバザーです

ブログの更新ができていなくてすみません。

活動が滞っているのではなく、みな忙しく奮闘しております。
小さな企業のように営業回りにも精を出しています。
近々その成果もご報告させて頂きます。
 
f95e17933acf7550b5d0542c522fa461
盛岡で9月最後の販売会です。
9月28日(日)10:00~16:00
クロステラス エスカレーター脇

10月11月も沢山の販売会が決まっています。
追って、9月の販売会の報告と予定をお知らせします。

京都中央チャペルから

京都での販売会の様子を、ハートニット大津からレポート頂きました。

IMG_1457
9月13日(土)京都新風館で洛都祭が開催されました。主に京都のキリスト教会が共催のイベント。
「東日本大震災復興支援チャリティーLIVE」…
音楽を中心に「京都から日本を元気に!」を合い言葉にゴスペル、クワイア等内容は盛りだくさん。多彩な演出で会場は盛り上がりました!

IMG_7564IMG_2955

ハートニットは昨年に引き続きこのイベントに出店させていただきました。今回は大阪のメンバーと大津のメンバーでの共同販売となりました。
IMG_3306IMG_3715

「この後、ステージで唄うんです!」…そんな方がたくさん来店されて商品を買ってくださいました!
購入されたストールをそのまま身につけてステージに立ってくださった方もいました。

圧巻はある教会の関係者の方々がいらっしゃって「これもいい!これも欲しい!…」なんて言いながら、展示商品を根こそぎ購入されたことでした。おかげで店頭の展示が一気に寂しくなってしまいました。
みなさんの支援に対する意識の高さ、懐の深さに感謝するばかりでした。

教会関係者のみなさん、京都のみなさんも本当にありがとうございました!

京都の笑顔
IMG_4174IMG_8498
IMG_0123IMG_0233
IMG_0443IMG_1136
IMG_1409IMG_2891
IMG_3176IMG_3510
IMG_5940IMG_7378
IMG_8085IMG_8297
IMG_3050


先の記事に追記しました

ニュースレターの日本語訳をアップしましたので、今一度ご覧下さい。
 

アメリカに向けて発信!

<追記しました> 
ニュースレター


2012年から夏と冬毎年、表参道のユニオンチャーチで「ニットでハートをつなごう展」を開催させて頂いています。
教会の大きなご理解を得て、教会員の皆様の暖かなご支援によって叶えられています。
この事がユニオンチャーチのニュースレターとして、アメリカ全土に発信されました。

ユニオンNL

6月に、ハートニットがまたまたTUCへやってきました!

 

TUCでの展示販売は今回で4度目となりますが、毎回岩手の女性たちのアートセンスやオリジナリティ溢れるデザイン、技術の上達には驚かされています。かつてない程の災害に遭い、多くを失った彼女達がひと編みひと編みに愛情を込め、紡ぎ出した作品は、私達に喜びと温もりを届けてくれます。私自身、そんな彼女達の強さと優しさに心を打たれます。

 

今回は、津波の生還者である橋本喜代子さんが大槌町からボランティアとして会場にお越しくださいました。橋本さんはハートニットのアミマーさんとして活動され、またご主人はドライバーとして、沿岸部に広くいらっしゃるアミマーさん達に寄付で集まった新しい毛糸を届け、また出来上がった作品を回収するお手伝いをされています。更に光栄なことに、63には、アミマーさんのご家族である澤内早苗さんの演奏会も行われました。TUCのハートニット支援を知り、東北の被災者の方々のために支援のお手伝いを、と毛糸小物の寄付と演奏を申し出て下さったのです。

今回で3度目となる、ハートニット展示販売会でのマンドリン演奏を行って下さった the Kunihiro familyさんは、新宿から62キロ、厚木からさらに10キロ離れた秦野からお越しくださいました。

 

もちろん、全ては雨の日も晴れの日も真摯に取り組んで下さるベテランボランティアの方々のおかげです!



教会の皆様、表参道の皆様に感謝申し上げます。有り難うございます。
今年も11月にお邪魔します。どうぞよろしく。

最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ