2015年04月

草津宿場まつりの報告

ハートニット大津からレポートが届きました。
週末盛岡での販売会と同時に、大津でも活動していました。

本日のイベントの報告です。

好天の中、草津宿場まつりが開催されました。
草津はその昔、東海道の宿場街として賑わった場所。
地元の消防団や学生さんのパレードで始まり、恒例の時代行列でクライマックス…宿場街道はたくさんの人で賑わいました。
IMG_3374
IMG_8813IMG_7670

東北支援の趣旨はなかなか伝わりにくいものですが、それでもニット作品を前にして「かわいい~!」と目を留める人がたくさん。
「作った人に手紙書きたいのですがどうしたらいいですか?」…そんな質問もありました。
これからの活動でもそんな出会いを見つけて行きたいです。

IMG_9900IMG_9811
IMG_8257IMG_2600
IMG_2397IMG_1941

お手紙、嬉しいです!
アミマーさんの個人情報はお知らせできませんが、是非事務局にお届け下さい。
必ずアミマーさんに手渡し致します。

ソロプチミスト 二日目の販売

二日目も絶好調でした。販売に立ったボランティアは目の回るような忙しさでしたが、「ルビー賞を授与された団体を応援したい」というお気持ちが前面に伝わり、対応にも気合が入りました。
お土産にお求めくださった作品は、また多くの方たちのお手元へと渡り、ニットでハートが繋がっていくのだと感じました。本当に感謝です。

一方、ステージでは厳かに授与式が行われました。
 imageimage

大会終了後、ハートニットを推薦下さった大船渡の会員の方たちが、売り場においで下さいました。
image
 
 
北海道、青森県、秋田県、山形県、宮城県、そして岩手県のソロプチミストの皆様ありがとうございました。

「ルビー賞」受賞

本日は岩手県民会館にて、国際ソロプチミスト北リジョン大会会場で販売をさせて頂いています。
東北、北海道の会員の皆様が一同に会して大賑わいの中、特等席のスペースを頂き、みなさまにご覧頂いています。
20150425143800012015042514380000

ソロプチミストとは、
目的と事業

 当財団は、ソロプチミスト精神に則り、さまざまな奉仕活動に対する援助、協力を行うことにより、より豊かな生活の実現及び国際相互理解の促進に寄与することを目的に、当財団定款に掲げる以下の事業を実施しています。

  • 女性の人権の尊重並びに地位向上を目的とする活動への顕彰及び支援
  • よりよい社会の形成と発展を推進するための活動や不当な差別及び偏見を抑止する活動に対する顕彰及び支援
  • 男女共同参画社会の推進活動に対する顕彰及び支援
  • 児童及び青少年の健全育成活動に対する顕彰及び支援
  • 自然環境保護活動に対する顕彰及び支援
  • 開発途上国等への国際協力活動に対する顕彰及び支援
  • 人々の心身の健全な発達に寄与し、又は豊かな人間性を涵養することを目的とする活動に対する顕彰及び支援
このような趣旨のもと、
震災後、女性が中心となり支援活動している団体として、東北・北海道の数ある中からハートニットプロジェクトを推薦頂き、栄えある第1位の「ルビー賞」を拝受しました。

会員の殆どの方々が被災されているSI大船渡様から、絶大なご推薦を頂きました。
会長様始め会員の皆様は、家族を喪い、住まいを無くされている中でも、我を忘れ奉仕活動に邁進をされていました。ソロプチミスト大船渡で主催されたお茶会会場でハートニットの販売会をさせて頂いて以来、ずっと活動を見ていて下さり、支えて下さり、この度の受賞へと繋がりました。

image
副賞として報奨金も頂きました。この貴重なご支援金は、毎月の宅配料金に当てさせて頂く予定です。材料の毛糸をアミマーさんのお手元にお届けしたり、編み上がった作品を受け取ったり、全国各地での販売会に作品を出荷するなど、月々少なからずの経費がかかります。大切に使わせて頂きます。
心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

東京サンケイビルでの販売会終了しました

4月20日からの5日間、皆様のご来場有り難うございました。
大勢のお客様にお出でいただき、賑やかに終了しました。

レポート
image

20日 雨風の荒天から始まりました 大手町東京サンケイビルさんでの 「ニットでハートをつなごう」展も あとの4日間はお天気にも恵まれ 昨日24日 無事に終えることができました。

20日初日は 人出が少なく どーなることかとこの先不安になりましたが
21日のサンケイ新聞の朝刊に掲載して頂だき それからは 新聞片手に来てくださる方々が日毎に増え 新聞の偉大さを改めて感じると共に ホントに皆様ありがとうございました。

販売ボランティアとしましては
震災から四年が過ぎ 震災復興の支援としましては なかなか難しい時期にきていることを 直に感じながらも
ハートニットは アミマーさんに100%還元されるという明確なビジョンがありますので
そこは皆様に「よかった!寄付しても どこにお金がいってるかわからないものね」と 言ってもらえるのだと思っています。
またそれがあるので こうして 長く続けていることができているんだと思います。
今回は 販売ボランティアの私たちにも 「頑張ってくださいね!」と声かけをしてくださる方々も多く
また お客様とお互いに励まし合ったりすることもありました。

頂いた貴重なご意見は 次の作品作りに活かすようにしたいと思います。

ご来場くださいました皆様
会場の提供をしてくださいました東京サンケイビル様
新聞で紹介下さいました産經新聞様
そしてハートニットをいつも支えてくださっている多くの方々に感謝いたします。
ありがとうございました!





高校生目線♡

大手町、東京サンケイビルでの「ニットでハートをつなごう展」も明日が最終日です。
どうぞお出かけ下さい。

先のそごう千葉店での販売会以来、高校生のサポーターが参加してくれています。
老若男女、ハートニットは大勢のボランティアさんに支えられています。

学校の放課後、手伝いに来てくれた高校生のお嬢さんから写真が届きました!
IMG_1205

IMG_1207IMG_1206

最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ