2018年06月

ユニオンチャーチ2日目

生憎の梅雨空にもかかわらず、たくさんのご来場をいただいています。
ありがとうおざいます。

このインコのあみぐるみバッジが欲しかったの〜
IMG_5690

今日は貯金箱持参で、お小遣いで買いました!
日本「円」のお勉強ですね。
IMG_5691
ありがとうございます

IMG_5689
とっても工夫された編み方で、入荷時から盛岡ボランティアお勧めのストールです。
お目が高い!お似合いです。

IMG_5692
雨が降ったり止んだりで、外に作品がディスプレイできないお天気ですが、
お立ち寄りいただき嬉しいです。

表参道 ユニオンチャーチで始まりました。

13回目の「ニットでハートをつなごう展」@東京ユニオンチャーチです。
IMG_5683
久しぶりにアミマーさんのポートレートも登場。
IMG_5685
IMG_5684
準備も整いました。

IMG_5686
IMG_5687
初日の日曜日は、礼拝帰りのお客様にお立ち寄りいただいています。
いつもありがとうございます。

24日(日曜)まで開催します。
よろしくお願いします。


大阪の地震大変です。
いきなり緊急ニュースで震度6と聞き驚きました。
一番被害の大きい高槻市、茨木市、どちらも何度もハートニットバザーを開催してくださり、大きな支えをいただきました。
皆様のご無事をお祈りしています。

前記事のつづき

可愛さもアップ!
ボランティアさんのご子息に履いてもらいました。ムチッ〜
IMG_5682

昨日の山田町、釜石市訪問記事パート2です。

この度はご機嫌伺いに加えて、これからのハートニットプロジェクトについてのお話もさせていただきました。
来週も東京で「ニットでハートをつなごう展」を開催させていただきますが、このような販売会の他にもハートニットアミマーさんの作品は、チョイス道楽のような通販を始めとし、一般市場に出る方向に向かっています。

今現在、いくつかの企業とお話が進んでいます。アミマーさんたちの作品がデパートやショップに並ぶ日も近いです。一部は昨年から始まっています。詳細が決まりましたら改めてご報告もさせていただきます。

これまでとは作品の流れが少し変わってくる事もありますが、アミマーさんたちが楽しく、誇りを持って編み物に携わることができるようにお手伝いは続けてまいります。引き続きご支援の程どうぞ宜しくお願いします。

販売場でボランティアを担ってくださっている方、またお買い物を通してご支援くださっている皆さまからは、いつも温かいお声かけをいただきます。これまでもお預かりしたお手紙は転送したり、材料の毛糸を送る宅配便にメッセージを入れたりと、その度に伝えてまいりました。先日はご支援くださる皆さまのその一言一言を直接しっかりとお伝えしてまいりました。

定期的に開催している会場では「ニットでハートをつなごう展」を待ってくださるリピーターさん、作り手と好みが合うことで作者名を見ながらお買い物をしてくださる方、新聞の告知記事を握りしめて来場くださる方、ラジオを聞いて駆けつけてくださる方、販売ボランティアはこういうシーンを何度も経験していますが、その様子がなかなかか伝わらなかったアミマーさんにも、ボランティアが経験したエピソードをたくさんお話ししてきました。編むことの楽しさに加えて、その先の様子がお伝えできたことで、新たな意欲と責任も持たれたことと思います。

「いつもお買い物に来てくださる皆さま、ありがとうございます。」
アミマーさんたちからの伝言です。

山田 釜石にお邪魔しました。

久しぶりにアミマーさんたちのお顔を拝見に、山田町、釜石市に行ってまいりました。

当初100名のアミマーさんは今現在40名です。本当に編み物が大好きな方達です。

山田町のアミマーさん
IMG_5680
アミマーさんの姪っ子さんのお店にお伺いしました。
まだ駅舎もなく、電車も通っていない山田中央駅ですが、駅前にお食事処「魚河岸」を再建されました。立派な3階建てのビルで、とっても美味しい海鮮丼を頂戴してきました。3代目の息子さんも戻ってこられ、これからが楽しみなお店です。
被災地は去っていく人あり。戻ってくる人あり。。。。。

駅舎の無い駅(山田線は来年開通の見込みです)の周辺は未だに盛り土工事中です。7年たってもまだ盛り土中です。(盛り土とは、土砂を積み上げ地盤を高くする工事です)
長々と続く盛り土を待たずに建築するには、かなり深い杭を打って建てられたとのことでした。お食事処は周りからの需要もあり、何年もかかる盛り土地盤工事を待っていられない事情もあるようです。
山田中央駅、駅前は段差の多い町になっているように感じました。。。

釜石のアミマーさん
IMG_5678
釜石(イオンタウン釜石で待ち合わせ)では、こんな可愛い作品が編み上がっていました。
IMG_5679
ファーストシューズ
こんなに可愛い作品が編み上がると、心も和むでしょうね。

「やっぱり編み物は楽しい」そうです。
「お仕事だと思うことで、責任感もやりがいもある!」だそうです。
「暇はダメね〜何にもしてないとダメね〜」と、前向きな言葉が聞けて嬉しい。

復興住宅に移られた方に、住み心地はいかがですか?とお聞きしたところ、
「それはね〜もう快適で〜」6年間のプレハブでの仮設住宅生活(しかも何度も転居させれながら)から解放されて、ホッとされた様子です。震災前は新築されたばかりの立派なお家に住まわれていたことなど、もうお話になりません。心が座ってられました。

山田町では、
朝3時半に起きて、ご主人を海のお仕事に送って行き(今はまだ仮設住宅のため、目の前が海じゃないんですね)そこから編み始めるそうです。この時間が一番捗るそうです。
ご主人が戻ってこられて朝ご飯したり家事したり。お昼を過ぎるともう眠くなので、そこでいっそお昼寝をして、また夜まで延々と編み物されているそうです。腕前も、心意気もプロ!
「お昼寝をしないとね〜もう11時には眠くなるの。そうすると、サスペンスの犯人がみられないでしょ、だからお昼のするのよ。」と、楽しくお話してくださいました。


7年前の内陸避難中に目にかかった頃と、みなさん本当に変わられました。穏やかなお顔を拝見できることが嬉しく、7年の月日を感じました。

チョイス2018夏号

スキャン
チョイスさんの支援プロジェクトページも、盛りだくさんになってきました!
東日本大震災のハートニットプロジェクトに加えて、熊本ハートニット、そしてハートニットプロジェクトから独立した佐藤まり子さんの作品もあります。
迷って、迷ってお選び下さい。

お申し込みはこちらからどうぞ。

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

drecom_sportsdesk_...

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ