「5.5被災地の子供たちに元気と希望をIN山田八幡宮」
1,000人を超える人で溢れる境内


オープニングセレモニー5月5日の子供の日に、宮古市山田町で震災後始めての屋外イベントが開催され、1000人を越える親子連れで賑わいました。






子供達に支援物資を配る3八幡宮境内では炊き出し、コンサート、おもちゃや絵本が配られ、
ここで、デルタ航空から寄せられたお菓子等がプレゼントされました。
少しづつでしたが、見たことのないお菓子で子ども達にも喜んで貰えました。




お菓子や絵本をもらい笑顔がはじける子供たちお菓子や絵本を手に、久しぶりに子ども達の笑顔が眩しく見えます。







昨日は、私たちボランティアも雫石町と山田町の二手に分かれての活動でした。