盛岡では、さんさ踊りで賑わっています。

img_visual
市内のメインストリート中央通りを、太鼓・笛のリズムに合わせて踊る壮大な大パレードです。
震災にも怯むことなく、例年通り開催されて本当に良かったです。

お祭りも、平日も、休日も関係なく、ハートニット事務局にはお問い合せのお電話、宅急便での毛糸が毎日沢山頂いています。
嬉しい悲鳴です。
また、これらを材料として編み上げた作品も沢山届け頂いています。こちらは歓喜の声を上げてボランティアさん一同楽しみに梱包を解いています。

山田町からは、お二人で30点もの作品をお届け下さいました。
全てがオリジナルの素晴らしい作品達です。

お話しを伺ったところ、
20年以上前に、岩手に手編みのお仕事があったらしいです。当時7〜8万円もする高級セーターを編んでられたそうで、そのグループリーダーだった方です。
メーカーから糸が届き、その方がゲージ編んで製図通りの目数をおこし、指示通りの編み方で、グループみんなで作るのだそうです。
それらの製品は東京や大阪のデパートで超高級品として販売されていたそうです。
しかし、だんだん海外で製作するようになり、そのお仕事なくなっていったらしいです。

熱くなって語ってしまいました。
「もう一度そういう産業を起こしましょう!」って。
その為に、ハートニットのブランドを皆さんに知って頂けるように頑張って販売しますからとお約束しました。
「じゃあ、昔一緒に編んでいた人たちにも声かかけるわ」と、いって下さいました。


編み図がなくても自由自在に編まれます。
DSCF6162DSCF6161DSCF6160
DSCF6159
DSCF6158DSCF6156DSCF6155
いずれ、ラベルを付けて皆様の前でお披露目します。