本日の岩手日報に、こんなに大きく取り上げられました。
橋本新聞
橋本さんは大槌で被災され、今現在は盛岡のマンションに奥様とお住まいです。

奥様はアミマーさんとして、お帽子やスヌードなど素敵な作品を少しづつ編んでくださっています。
以前ご紹介させて頂きました、あの上村愛子さんが皆川賢太郎さんへのプレゼントとしてお買い求め下さったあのスヌードは奥様の作品でした。
e3f7908d-s

8月にハートニットプロジェクトに加わって下さって以来、毎日ボランティアとして活動されています。
今は、ハートニットとセーブ岩手(岩手の大きなボランティア団体)の掛け持ちです。

橋本さんの力を借りたいときには、メールでSOSを発信すると、いつもニコニコこの笑顔で事務局ににお出で下さいます。
毎日毛糸をお届け頂いている支援者のリスト作りも橋本さんのお仕事です。PC前でエクセルを使いこなして入力して下さいます。(時々 ありゃ!ってデータが消えてしまう事もありますが 笑)

被災された方がお出でになったときには、こころ休まるお話しをして下さいます。
今日も新しいアミマーさんが、とっても辛い経験を話してられたとき、私達では聞く事しかできないのですが、同じ経験をされた立場で、力強い話をされていました。心なしか、その方がお帰りになるときには、入ってこられたときとはまるで別人の様な笑顔を見たように思えました。