三越では、アミマーさんが会場に足を運び指導者となって「親子で編み物体験」というワークショップを開催せて頂きました。

大槌で被災され、盛岡在住のアミマーMさんから体験レポートが届きましたので、掲載させて頂きます。
★日本橋三越のワークショップを終えて

酷暑の中、たくさんの方が販売会とワークショップにいらして下さいました。
ハートニットやニット子ちゃんも多くの方に広まったのではないでしょうか。
ワークショップは、夏休みのお子様連れの方が多かったのですが、夏休みの作品にするという小学生や、お母さんやおばあちゃんにプレゼントするという女の子、ご両親の結婚記念日のプレゼントにするという男の子など、本当に心温まる楽しいワークショップでした。
初めは、どうしたら上手く教えられるのだろうと、教え方ばかり気にしていたのですが、触れ合っていくうちに、“あー、いっしょに楽しく作ればいいんだ
”と、急に肩の力が抜けて、楽しさも2倍3倍…と(*^_^*)
作品展示もワークショップも初めての事でしたが、ハートニットにご協力下さっている方々や三越の方々、周りのたくさんの方に助けられ、とても貴重で幸せな時間を過ごす事ができました。
ありがとうございました。
また、お客様と直接お話しさせていただいたことで、更に、丁寧で気持ちを込めた作品を作って行こうと、心に刻みました。

お客さま入店前のスタンバイ
FullSizeRender

編み物のお好きな方も、経験のない方にも、編む事の楽しさを伝えることによって、被災地でのハートニットが始まった経緯、またそれが今日まで継続している事等を伝えられたらと願って開催させて頂いたワークショップでした。
「編み物ってこんなに楽しい!」と、皆様に感じて頂けた事がとても嬉しいです。


とっても素敵な雰囲気のワークショップと販売会でした。
みなさま、どうも有り難うございました。
IMG_2628